ニュース


作品評・インタビュー記事

2011年度本プロジェクト事業終了後のレポート、及び、2012年度フィンランド・日本での作品上演ツアーにて、各地で報じられた公演に関する批評・インタビュー記事、報道記事などを下記にてご覧いただけます。(2012年8月現在)
「KITE」
「灰が降る」

「KITE」
◆2011年度事業終了時 日本における作品制作・作品発表京都公演の参加者、主催者のレポート
(1月中旬より作品制作開始。3月「KITE」初演 会場:京都芸術センター/日本)

◆2012年6月 「KITE」 Kuopio Dance Festival 招聘公演
 会場:クオピオ/フィンランド

 エルヴィ・シレン インタビュー記事
 Savon Sanomat (Savo地域の日刊紙) 2012年6月19日(火)掲載

 「KITE」作品批評記事
 Savon Sanomat (Savo地域の日刊紙) 2012年6月21日(木)掲載

 エルヴィ・シレン インタビュー & 作品批評記事
 Liikekieli.com (ダンス系ウェブサイト) 2012年7月3日(火)掲載

「灰が降る」
◆2012年4月 「灰が降る」初演 会場:ZODIAK ヘルシンキ/フィンランド
* Demari.fi (フィンランド社会民主党 ウェブサイト)2012年4月

2月15日の写真です@TPAM

村山華子さんが撮影してくれました。
席がなくなるほどにぎわってましたー。
様子をどうぞご覧ください。

[gallery link="file" orderby="title"]

TPAMでの途中経過発表終わりました。いよいよ京都公演です!

2月15日横浜BANKARTにて「KITE」の途中経過発表は、多くのお客様がお越しいただき
満席となりました。
30分くらいKITEのSHOWINGを行いました。
1月25日からエルヴィが一人づつのダンサーの細かい動きを本当に丹念につむぐ作業を繰り返し
繊細な身体の中からの動きをつくりだす<振付>作業です。
この積み重ねがどのように作品の世界を作り出していくのか、非常に楽しみにであります。

是非、この完成する作品を楽しみに京都公演にお越しいただきたいです。
出演は、川口隆夫、岩淵多喜子(ダンスシアタールーデンス主宰)、東京を拠点に活動するダンスアーティストと
関西で長い活動経歴を持つ垣尾優。(Contact GONZO)
今回のオーディションで選出されたニューフェイス立石裕美と玉邑浩二。
照明デザインに藤本隆行、音響はAake(フィンランド)と多彩な顔ぶれがそろいました。

踊り2京都公演とお得なセット券とあわせてお買い求めください。お待ちしています。

ここから。。。

岩淵です。昨日バンカートでTPAMのプログラムの一環としてKAITの途中経過の試演会を行いました。
まだまだ製作途中ですが人前に出ることで見えてきた新たな課題もあり、公演まで残すところあと1週間強のリハ期間ですが、エルヴィさんの丁寧な体への向い方、それをそのまま舞台に上げるという手法をきちんと理解して、体現出来るよう、集中して取り組みたいな、、と思っています。

自分の中に留めているリハ中に出たエルヴィさんからのキーワード
Water、Connection、Direction、Bone、Just to be、Taste every moment…

とても難しく1か月ではたどり着けないような課題ですが、いわゆる振りを与えられる「振付」の作業ではなく、動きの質感や体への意識からやれている今回のクリエーション、ダンサーとしてとても貴重な時間をもらっています。
体や思考の余計な贅肉、自意識を出来るだけそぎ落として。

KITE リハーサル開始 イン 森下スタジオ

フィンランドヘルシンキからエルヴィ・シレンと作品制作開始です。出演ダンサーは、玉邑浩二、岩淵多喜子、川口隆夫、立石裕美、垣尾優の5名です。制作日誌はリハーサルの様子を伝えます!

1 / 212