明日15日は横浜バンクアートでの試演会です。

垣尾優です。
明日は横浜バンクアートでプレゼンを兼ねた試演会です。

しかし関係ねえ、バレンタインも関係ねえ、まず今日もやることはやるぜとエルビィ。
稽古スタート。いつものプリエをじっくりと、私が勝手に雫プリエと呼んでいるエクササイズが始まる。
脚は肩幅に開き、膝を緩め、立つ、呼吸、easy 、両腕は大きく開きながら外側からゆっくり頭上まであがる、頂点で両手首がはらりと雫のように。落下の瞬間。
そのまま甲を合わせるような形で正中線を、目の前を、下に、地面に向かって、両手がゆっくり落ちて行く。指先が顔を通りすぎたあたりで、肘が肩より下がるあたりで、首の後ろあたりに手の重みが伝わり、それをきっかけに頭も自然に垂れてくる、そのまま、手も落ち続け頭も落ち続け背骨も順番に丸くなっていき、つながりが膝や脚の付け根を曲げ、そしていわゆるウンコ座りに。足の裏。そう足の裏、足の裏、足の裏足の裏。
そしてまた骨盤が上がりだし、膝を曲げる流れで上体も起き始め、立ち上がり両腕が開きだし頭上に、そしてまた雫が落ちる、繰返し繰返し

2012年、今、今は構築より発見だよ、とエルビィ、いや実際エルビィから言葉で聞いた訳ではないが、とにかく、こういった毎日の繰返し、このじっくりさによって、日々の些細な変化を感知できるようになってくる。
僅かな違いが、快感めいた喜び、豊かな日常とはこういうものか、豊穣さの発見がダンスの役割のひとつなのだ、とエルビィ、いや実際やっぱり言葉ではそんなこと言ってはいないが、きっと、というかすでに身体をとおして、課題、演出をとおして、そう私は受けとりました。
しかしそんなことばかりも言ってられない、明日は大事な試演会だぜ、さあ構成するぜとエルビィ。了解です、混沌を構成するとはどういうことか、空洞そのものをぽっかりうかびあがらせるとはどういうことか、身体で示してやりましょう、昼飯なんかいらねえ、と私達ダンサー。
コンポーザーのアーケが静かな笑みをたたえながら音をだす、私も同じく無音のために音をだしているのだ矛盾を作曲しているのだといったたたずまい。
照明家の藤本さんは光りに時間をも組み込む。組み合わす。
それって神じゃん、神様だよ。LED がプログラミングで日の光のように微細に変わる、雷のように閃光する。
私達ダンサーは、ファンキーな魂と赤ん坊のような柔らかい足の裏でもって、雲のように踊ってます。